為替レートの動きをグラフ化して見ると
特性があることに気が付きます。

上がったり下がったりを繰り返していますが、
動きにはパターンがあって大まかに見ていくと
1ドル100円を基準に平行線の動きをしていたり、

どんどん円安に向かっていくとか、
その逆で円高へ向かう動きがあるのです。

その動きの特性はトレンドと呼ばれていますが、
3パターンのトレンドで今の動きがどれに当てはまるかが分かれば、
今日は1ドル100円でも今後はもっと円安になることが予測できるのです。

ですからどんどん円安へ向かうトレンドの時には、
僅かに上下している動きで下がった時にトレードを開始して、
上がり切ったときに決裁すれば利益をものにできるのです。
為替投資のFXには、
短期と長期の2つのトレードを考える必要があります。

短期トレードの極め付きはデイトレードで、
1日の中で瞬時に動く為替レートを追いかけながら、
売りと買いをスピーディーに行っていくやり方です。

動きとしては何十銭単位ですから、
証拠金が少ないとやっていけないトレードです。

レバレッジを大きく設定しないと
メリットはあまり出てきません。

でも、FXをゲーム的にやっていく感じで楽しめるのです。

証拠金はあくまでも少なめにしておいて、
損失をあまり気にしないで負けて元々という気持で
やって見るとFXの極意を習得できるかも知れませんね。

FXはあくまでも堅実なトレードが基本で、
少しずつ利益を積み重ねていく投資ですが、
たまにはマンネリ化を打破するためにやって見る価値があるかもです。


FXで取り引きをしている人で
一番重要な経済指標が
米国の雇用統計となるのは言うまでもないですね。

この雇用統計によって2週間先までのトレンドが
決まると言っても過言ではありません。

それほど重要で影響力の大きい経済指標になります。

そのため米国の雇用統計が発表される
月の初めの金曜日はかならずチェックをわすれずに。
ちなみに今月は週末の6日金曜日ですよ!

米国は今でも世界の経済の主導権を握っている大国です。
その米国の雇用統計は全世界の経済の状況を
もっとも色深く反映しているといっても過言ではありません。

雇用統計の結果が良ければ、
米国の景気が上向いていると判断されて
ドルは上昇していきます。

その反対で悪ければドルは下落します。
ドルだけではなくて、結果が悪ければ
リスク回避の円買いが発生するので
クロス円通貨についても全体的に下がるという傾向があります。

なお、米国の雇用統計直前直後は、
取り引きは控えた方が良いです。

発表直後は値が一瞬にして飛ぶ可能性もあり、
その後の為替の動きも非常に読みにくくなるからです。
FXをやる人であれば米国の雇用統計は必ずチェックしましょう!
最近アメーバのWEBコンテンツに嵌っています。

ということは、もちろんFXもサイバーエージェントのFXで決まりです。
その中身としては、まず豪ドル/円スプレッド縮小キャンペーン、
これはもう終わってしまいましたが、
うまい利益確定に走った方も多いと思います。

通常スプレッドが標準1.2銭に対して期間中は
もちろん業界トップ水準の標準0.9銭で提供されてました。

他にもうまい汁が、、
実は豪ドル/円の買いスワップも水準が
かなり高くなっています。

スワップ狙いのトレーダーさんにとって、
また外貨預金派にとってもなかなか魅力的でしょう。

サイバーの場合はcymoも使い勝手がよくなっていますね。
昔は約定できなくてなかなかやっかいな時期もあったと思います。


レパトリとはレパトリエーションのことです。

もともとの言葉の意味としては
母国に帰還するということを表しています。

FXの世界でのレパトリとは、
投資家が海外で運用している資金を
本国に戻すという操作をしたり、
輸出企業が海外での売上を本国の通貨に
返還するということを意味します。


たとえば、日本の輸出 企業がアメリカでドルを儲けて、
日本円に変えるということがそのレパトリという行為にあたります。

このレパトリには時期的なものがあります。

米国 企業の決算期は12月になりますので
11月から12月にかけてレパトリが盛んになってきます。

日本企業においての決算期は3月末が決算となりますので、
2月から3月にかけて外貨を売って円に戻すという活動が活発になってきます。


このレパトリの時期はFXの世界でもレートが動き易くなる時期ですので、
大きな流 れに乗って取引をするということが重要になってきます。

レパトリには他にもクリスマス休暇であったり、
盆休みなども関係してきます。
季節的影響を理解してFXを他のしみましょう。
みなさんは大体どの位の枚数で取引してるんでしょうか?

わたしは取引枚数を一定に保って取引することを心がけています。
なぜかと言うと取引に失敗したからといって取引枚数を増やして
取引をしていてはすぐに証拠金がなくなってしまいます。

取引手法の一つで失敗したら倍の枚数をかけて
負け分を取り戻すというやりかたもあるのですが、
3回連続で失敗した時点でその時点の取引枚数は
最初の8倍の取引枚数を用意しなければなりません。

この取引手法ではとてもリスクが大きくて取引証拠金が持たないと思います。
取引枚数は常に一定に保って同じリスクで取引をしていかないと
精神的なダメージが大きくなってしまうことで、
取引で失敗する確率が大きくなってしまいますので注意が必要です。

また利益率が一定になるということで、
取引で儲けられる額と損する額が一緒になりますので
未来の口座に残る予想金額も立てやすくなります。

あなたの財産を確保する上でも、
取引枚数を常に一定にして取引する事も考えてみてください!
そして余裕が出てきたら取引枚数を増やして取引しましょう。
FXに限らず、どんな投資においても気をつけておきたいのが、
自分の大切な財産の扱いについてです。

その一つとして、FX業者の口座に自分の財産のすべてを
入れてしまわないことが挙げられます。

FX会社で口座を開設するのは難しいことではありませんが、
銀行にお金を預けるのとは違う、ということを覚えておきたいものです。
当然たくさんの資金を預けることで儲けるチャンスも多くなります。

しかしこれはあくまでタイミングがよかった場合だけであって、
思わぬリスクを抱えているのです。場合によっては証拠金がどんどん減っていく、
なんてこともあります。

こういったリスクを減らすためには、
自分の大切な財産を分割で管理していくことが大切です。
たとえばこうすることでリスクを分散させることができるためです。

倒産リスクについて、
どんな大手FX 会社にも倒産リスク(信用リスク)というものがあります。

その名のとおり、自分が資金を預けているFX会社が倒産したときのリスクのことです。
このような リスクを可能な限りで回避するには複数のFX業者に口座を持って、
資産を分散させることが重要となります。

あまり分けすぎるとかえって大変になりますので、2?3社分くらいは欲しいところです。
実際に私も複数業者にFX口座をもって、それぞれの欠点をうまくカバーして使い分けています。
店頭FXの一番のデメリットとしては税制が優遇されていないことです。
利益によりますが最大で50%もの税率がかかることがあります。
また損失に対しても1年限りで損失分の税が消滅してしまいます。

くりっく365での取引ですと損失分は3年間繰り越して税制より控除されます。
また、くりっく365と比べると通貨のスプレッドが広いということがメリットにあげられます。

スプレッドの広さは業者によって違いますが、
ドル/円だと0.5銭?1銭の間が現在主流のスプレッド幅となっています。

また、もし取引業者がつぶれてしまったら、
取引業者に預けていた取引金は全て戻ってこなくなります。

為替レートのチェックと共に、
店頭FXの取引業者の資金の健全性を確認しておくことが重要です。

もし取引業者が倒産してしまったら戻ってこない可能性がとても高いです。
税制については平成24年度に法律が代わり税制が変わる予定です。
これにより税制についてはくりっく365と同等となる見込みです。
為替レートという言葉を聞いたことはありませんか。
FXをやっている人ならきっと知っているでしょう。

為替レートとはどのようなものなのでしょうか。

ニュースで良く「1ドル何円何銭」と言っているのを聞くと思います。
これは米ドルと日本円の為替レートのことを言っているのです。
つまり1ドルを円と交換するといくらになるかということを表しています。

このように日本の円と外国の通貨を交換した時の価格、
または2つの国の間で通貨を交換する価格のことを、為替レートというのです。

為替レートは毎日変化します。

為替レートがあるから通貨を買ったり売ったりする取引が行われます。
そして儲けたり損をしたりするわけです。

FXでは通常の為替レートでの取引ではなく、
FXを行っている人同士で買ったり売ったりすることができます。

その為FXでは、通常の為替レートはあくまでも参考とされる値動きです。
ニュースで流される情報通りの取引にはならないのが普通です。